ドトール バイト 体験談

ドトールのバイト体験談7|コミュニケーションが楽しく感じた

接客と食器洗いをやっていました。
そもそも私はコミュニケーションが苦手でした。

 

コーヒーが出来上がって、渡す時になんていえばいいんだっけ?
と考えてしまうくらい緊張しやすいタイプだったんです。

 

友人とは普通に話ができるんですが
それがお客様ともなると、急に緊張して話せなくなってしまうんです。

 

そんな私でも、一緒に働いていた仲間から
褒めてもらえることがあって、それ以来接客に自信が持てるようになりました。

 

こういう仲間がいることで、接客がスムーズになったことを
今でも、本当に感謝しています。

 

緊張しやすい私でも、この仲間の一言で変わることができましたし
接客が楽しいとも思えるようになりました。

 

自信をもって、一生懸命接客していれば
それは、お客様にも伝わるんだと思いました。

 

 

時給はそんなに悪くない

 

僕はある県のドトールで働いていました。
主な仕事は食器洗いとかレジ、接客でした。

 

入ったばかりの頃は、新人ですから掃除が多かったのですが
後から、新人が入ったのでそんなに掃除の期間は短くて済みました。

 

午前はそんなにお客さんが多い店ではなかったのですが
お昼以降、一気に混むのが特徴の店でしたね。

 

うちの店舗だけはないと思いますが。

 

そうは言っても、この時間さえ過ぎれば
仕事は終わったようなもので、後の時間はラクでした。

 

僕が働いていた時は、時給800円で
この県にしては、そんなに悪くない時給でした。

 

結構お勧めのバイトだと思いますけどね。

 

先輩の一言で

 

私はとにかく人見知りが激しく
もっとも接客業に向いていないタイプでした。

 

でも、こんな自分のままでいるのが嫌で
あえて、接客業を選ぶことにしました。

 

初めて接客した時は、本当に逃げ出したい気分でした。
もう辞めようと思いましたね。

 

でも、逃げるのは簡単な話で、せっかく入ったのに
このまま、自分が変われなかったら何のためにこのバイトを
選んだのか分からなくなるし、頑張ろうと思ったんです。

 

そんな苦しい時、アルバイトの先輩が優しい言葉をかけてくれました。

 

それ以来、先輩とは音信不通になってしまいましたが
今でも誰かに優しい言葉をかけているんだと思います。

 

本当に感謝しています。